1. ホーム
  2. 取扱製品
  3. 自動ドア

自動ドア

自動ドアは電子部品があるから壊れやすい、と思っていませんか?そんなことはありません。本当は手動のドアのほうが壊れやすいのです。

手動ドアを支える「フロアヒンジ」という部品は約30万回の開閉で寿命を迎える、と言われています。出入りの多いコンビニエンスストアの場合、1日500人が出入りしたとすると、なんと1年持つか持たないか、という計算になります。
500人×2(入、出)×365日=365,000回 > 30万回(フロアヒンジ寿命)

また「フロアヒンジ」にはメーカーの1年保証等はありません。故障すれば、ドア下に埋め込まれたフロアヒンジを掘り起こし、交換するという大掛かりで費用の高い作業が必要となります。

それに対し、自動ドアは30万回程度の開閉では通常問題を生じません。
例えば、弊社の主力商品の一つである「昭和建産」の中量型引き分け自動ドア(M-440)は、連続開閉を行う耐久試験で、75万回の使用にも耐えるという結果がでています。 (一部異音は発生したが、使用可能な状態、部品交換せず、調整レベルで使用可能。)
そして自動ドアエンジンにはメーカの1年保証がついています。また、自動ドアの税法上の償却年数は12年、つまり耐用年数が12年超ということです。

このことからも自動ドアの寿命が長いことがお分かりいただけるかと思います。
長い目で見れば、自動ドアは非常にお得なのです。

目的・用途に合わせ、様々なタイプの自動ドアがございます。
弊社ではお客様のご要望に合ったベストな商品をご提案いたします。
自動ドア、関連製品の施工例はこちら

標準タイプ


スライドタイプ<片引>

スペースをとらない普及型です。小型店舗に最適です。

スライドタイプ<片引>

スライドタイプ<引分>

一度に多くの人が出入りするビル・大型店舗に適しています。

スライドタイプ<引分>

特殊タイプ

ダブルスライドタイプ

限られたスペースでも広い間口を確保できます。

ダブルスライドタイプ

全開放タイプ“スペースメイク"

通常は片引・引分の自動ドアですが、必要に応じて全開放になるマルチタイプの自動ドアです。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」トレンドたまごのコーナーでも紹介されました。
トレンドたまご「スペースメイクF」

スペースメイクF

円形スライドタイプ

出入り口の印象をひときわ豪華に演出するエレガント指向の自動ドアです。

円形スライドタイプ

軽量タイプ

軽量・コンパクトで施工も簡単な、屋内向け自動ドア。片引、引分の両タイプがございます。

障害者トイレシステム

身体の不自由な人が簡単に出入りでき、かつ安心して御利用いただけるように考慮した自動ドア開閉システムです。

その他関連製品

自動ドアをさらに便利、安全に利用していただく製品がございます。
自動ドア、関連製品の施工例はこちら

ワイヤレスタッチスイッチ

タッチスイッチを軽く押すだけでドアが開きますので、人通りや動物などの影響を受けないので無駄な開閉を遮断できます。電波方式採用により指向性が向上し、取付け場所を選びません。

ワイヤレスタッチスイッチ

電気錠

多くの入出管理システムに用いられ、各出入り口の開閉を電気ピンロック装置で行い、手動解放を防止します。特定の人のみの入室は、磁気カード・テンキースイッチ等の併用により、機密・安全確保も万全です。

オールデータイマー

時間を決めて運転、停止を管理したり、一定の時間帯の出入りを自由にするために電気錠の併用により入室の制限ができます。一週間の作動プログラムを受付時間等に合わせ制御することも可能です。